漏水調査 ・ 調査工法

どんな調査工法があるの?

 漏水調査の工法には、音聴調査・相関式調査・トレーサーガス調査・地中レーダーによる調査などがあります。

音調調査

漏水調査は以下の様な場合に有効な手段です。
・修理をピンポイントで行いたい。(工事費・工事時間の軽減を図りたい)
・上・下水道料金、電気料金(ポンプ)等の節約を図りたい。
・漏水のため布設替えを計画したいが、漏水の発生している系統が分からない。 音聴調査は、漏水箇所から発生する噴射音や摩擦音を漏水探知器により電子的に増幅させ、技術者の聴覚により漏水音を探知する工法です。

一般的に漏水調査と言うと、この音聴調査にあたるでしょう。当社でも最も多く採用する調査工法で、漏水調査の基本中の基本であり、正直なところ現代の漏水調査に至っては、この工法に頼るところが大きいと言えます。

しかしこの音聴調査逆に言えば、漏水音が地上まで伝達していないと、いくら経験豊富な調査士が音聴調査を実施したと ころで、漏水箇所の特定は出来ないとも言えます。




相関式調査

漏水調査は以下の様な場合に有効な手段です。
・修理をピンポイントで行いたい。(工事費・工事時間の軽減を図りたい)
・上・下水道料金、電気料金(ポンプ)等の節約を図りたい。
・漏水のため布設替えを計画したいが、漏水の発生している系統が分からない。相関式調査は、漏水音の伝達している栓や弁に直接センサーを設置し、2点間における漏水音の到達時間差から、漏水箇所 までの距離を算出し、漏水箇所を検出する工法です。到達時間差が0であれば、センサー間の真ん中で漏れているといった原 理です。もちろん、栓弁に漏水音が伝わっていることが必要です。

ただ、センサー間の距離は手入力(管路延長が明確でない)であることや、管の伝達速度が一定とは限らない(途中に継ぎ 手等がある)事が要因で、算出距離には誤差が発生することもあるため、最終的にはそのデーターを基に、音聴調査・ボーリ ングによる確認調査(作業)が必要となります。

レーサーガス調査

漏水調査は以下の様な場合に有効な手段です。
・修理をピンポイントで行いたい。(工事費・工事時間の軽減を図りたい)
・上・下水道料金、電気料金(ポンプ)等の節約を図りたい。
・漏水のため布設替えを計画したいが、漏水の発生している系統が分からない。トレーサーガス調査は、トレーサーガス(水素ガスと窒素ガスの混合ガスやヘリウムガスなど)を管路内に注入し、漏水箇所から 排出されるガスを地表面で探査することによって漏水箇所を発見する工法です。

※ 当社では、このトレーサーガス調査は採用していません(地上への流出位置が必ずしも漏水箇所と限らないなどの理由により)。





地中レーダーによる調査

地中レーダーによる調査は、地中レーダを用い土壌の間隙や水の有無を読み取ることにより漏水個所を調査する方法です。
地中レーダーの熟練が必要で、三次元でデーター分析を分析しなければなりません。土壌間隙や水の有無を探査する工法のため 地下水位の高いところでは調査できません。

※当社では、地中レーダーは管位置の探査には使用しますが、漏水箇所の探知には使用 していません。

調査の一例